【脱東京リアルトークvol.1】 〜福岡県上毛町、里山集落に移住した僕らの新しい仕事と遊び〜 #1

Description
「脱東京」したけれど、東京が嫌いなわけじゃない!
結局、東京が悪いんじゃないんです。生き方・働き方をそろそろ変えたい、新しい視点を持ちたい、今までコラボしたことない人と出会いたい、自分の可能性を広げたい。そんな思いで移住する人が増えているのではないでしょうか。
  
今回登壇する、企画屋さん(元物理研究者)/プログラマー/イラストレーターの3人も、東京を経て、福岡県と大分県との県境の町「上毛町(こうげまち)」に移住。今は全員、たった12軒の里山集落に暮らしています。
  
今回のイベントでは、僕らがどうして移住したのか、どうやって日々働き、遊んでいるのか、リアルな脱東京&移住ライフをお伝えします。 また、「プチ脱東京体験」の機会としてのワーキングステイ(お試し居住)のご紹介も。
皆さんとの出会いを、楽しみにしています!

【イベント詳細】
日程:2017年7月8日(土)
時間:18時〜21時(開場17時30分)
 21時〜22時は会場内で登壇者のみなさんと自由にお話し出来ますよ。
 個別に聞きたいことや話したいことがある方は、ぜひお時間に余裕をもってお越しください。
参加費:2500円(早割&早早割のご用意もあります)
定員:25名(事前決裁先着順です)


【ゲスト紹介】
高橋崇さん
年間100日ほど旅をしていたWeb屋。都市と少し距離を置き「暮らす」と「関わる」ということを研究中。その実践として愛知→東京→京都を経て上毛町の集落に引っ越す。
貨幣だけに頼らないコミュニケーションを通じた価値の交換を模索(物技交換)、田舎で暮らすということを言語化しアーカイブ化、お金をあまり稼がなくても成立する暮らしかた/働きかたなどを実験・検証している。猫が好物だが、まだ飼ったことはない。

小林未歩さん
東京出身、イラストレーター/デザイナー。2016年から上毛町へ移住して地域おこし協力隊になる。
絵本や雑誌のイラスト、グラフィックデザインを中心に、趣味で大工仕事まで割となんでもやっちゃう器用貧乏。映画とものづくりが大好き。好きな風景画で仕事を増やせないか妄想中。
小さな集落の山小屋で虫と闘いながら猫と暮らしている。

西塔大海 さん
山形出身、⻄塔企画 代表 、慶應大学 SFC 研究所上席研究員、お父ちゃん。新卒で福岡県上毛町へ移住。
世帯数 11 軒の山奥に暮らしながら、古⺠家をリノベーションする DIY 教育プログラム「デザインビルド」などの企画に関わる。 立ち上げた「田舎暮らし研究サロン」 は、バス も電車もない山奥にあるにも関わらず、年間のべ 1000 人が移住相談や地域活性等の相談・視察に訪れる。
現在は、地域のプロジェクトマネージャーとして、移住定住、空き家活用、地域おこし協力隊企画、人材 コーディネートをテーマに、福岡県、⻑崎県、岐阜県等々でプロジェクトを進行中。 上毛町移住交流コーディネーター。

横井祐香
東京のはじっこ生まれ。営業、講師、イベンター、バームクーヘン屋さん、キャンパー、WEB編集&ライターと様々な仕事をしながら今に至る。2014年上毛町のワーキングステイに参加し、東京から通う日々が始まる。そんな中2016年上毛町のお隣中津に嫁に来ることになり、2017年中津にシェアオフィス&カフェ「いといろ」を地元の方と共同オープン。チョコとアイスが大好き。

Sat Jul 8, 2017
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
co-ba 池袋
Tickets
参加費 ¥2,500
早割(2017年6月30日まで) ¥2,300
早早割(2017年6月18日まで) ¥2,000

On sale until Jul 6, 2017, 6:00:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 5, 2017.

Venue Address
東京都豊島区西池袋3-29-3  梅本ビル4D Japan
Directions
JR池袋駅南口改札より徒歩5分/東京メトロ 池袋駅1a出口より徒歩30秒
Organizer
【脱東京リアルトークvol.1】 〜福岡県上毛町、里山集落に移住した僕らの新しい仕事と遊び〜
2 Followers